ad

2013年7月30日

raspberry piで動かしたwordpressは重すぎた、、、、

先日Raspberry piという小型の教育用のパソコンを購入し、サーバー関係で色々と遊んでみました。
その流れでWordpressというブログサービスもインストールして、そっちにブログを移転する予定でしたが、PHPの処理が追いついて無いみたいで、結局Bloggerに戻ることにしました。

RaspberryPiは現在OwnCloud http://owncloud.org/ を入れて自宅でクラウド的な感じに使っています。例えるならDropBoxのHDDが自宅にあるバージョンです。


RaspberryPi は安くて簡単に手に入り、OSもSDカードに焼くだけで簡単なので、サーバーの勉強のために手に入れて弄って遊ぶにはもってこいの端末だと思ってます。

Nexus4の純正バンパーを買った。















Nexus4のバンパーを買ってしまいました。
思っていたよりもしっかりと本体にフィットするので、ケースをつけている感じがあまりしません。また、音量ボタンと電源ボタンのところは、バンパー自体にもボタンが付いているので、今まで使ってきたケースのようにボタン類が押しづらくなったりしないところがとても良い感じです。

1つ残念なのは、
個人輸入するよりも普通にamazonで買ったほうが安かったという、、、、


新品価格
¥1,250から
(2013/7/30 21:19時点)

Android スマートフォンで提供元不明のアプリのインストールを許可する方法。

Android スマートフォンで提供元不明のアプリのインストールを許可する方法です。Androidは.apkファイルさえあればアプリケーションをインストールすることが可能なのですが、セキュリティの都合で初期状態だとapkファイルをそのままインストールすることはできません。 apkファイルをインストールするには提供元不明のアプリのインストールを許可する必要があります。 以下許可する方法です。 なおAndroid 4.* を使って説明します。

      Andorid4.2.2のメニュー画面


まずAndroidスマートフォンの「設定」を開いて、右の写真のようにセキュリティと言う項目を探して、タップします。

 Android4.2.2の設定画面


次に提供元不明のアプリというチェックボタンがある項目を見つけてチェックをつけるだけです。



以上で設定は終わりです。